デクラインプッシュアップで大胸筋を鍛える

大胸筋や上腕三頭筋を鍛えるなら、プッシュアップ(腕立て伏せ)によるトレーニングが効果的でしょう。

このプッシュアップにはいくつかの種類があり、負荷を軽くして行うには膝を床に付いた状態で行ったり、手首の下に踏み台を入れるなどして、頭部を高くして行うインクラインや、つま先の下に踏み台を入れるなどして頭部を低くして行うデクライン(Decline)、天井を向いて手首の下に踏み台を入れて行うリバースなどが挙げられます。

デクラインとは、下降、などの意味を持つ単語で、このプッシュアップは、頭を体より下げた状態で行います。一般的なプッシュアップよりも高い負荷をかけることが可能なので、トレーニングに慣れてきたら、少しずつつま先を高くして無理なく行うようにすると良いでしょう。

手首は、肩幅よりもやや広めに置き、肘をゆっくり曲げながら体を床に近づけていき、この時には、息は吸いながら行うようにします。次に、息を吐きながら腕をゆっくりと伸ばしていき、体を床からはなしていきます。つらいからといって息を止めることは避け、はずみをつけたり、腰をそらせたりしないように気を付けましょう。

デクラインプッシュアップをすると、大胸筋の中でも特に上の部分をピンポイントにトレーニングすることが可能です。また、通常のプッシュアップなら中央部分を、インクラインであれば下の部分を集中的にトレーニングすることがですし、ベンチに仰向けになってダンベルを持ち上げても大胸筋や上腕三頭筋を鍛えることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ