デイパックでマウンテンバイクの遠乗りを楽しむ

マウンテンバイクなどには、荷物を詰めるキャリアがついていますが、ロードバイクなどはそのようなパーツはないことがほとんどでしょう。しかし、遠乗りするとなれば、ある程度の荷物は持っていかなくてはなりません。

特に、遠乗りしたくなるような良く晴れた真夏に使うのであれば、2リットル程度は入る大きさのペットボトルが1本や2本と、日焼け止めや虫よけ薬などこまごまとした荷物が増えてしまいがちです。

そうかといって、キャリアを付けるのも見栄えが悪くなってしまいますし、素材がカーボンだったりすれば、重さに耐えられず折れてしまう可能性もあります。また、サドルバッグには予備のチューブを入れますし、小さなウェストポーチは便利ですが、中に入れられるものは限られてしまいます。

そんなときに活用したいのが、デイパックやメッセンジャーバッグなどでしょう。この2つで比べてみると、持ちやすく、バイクの運転にも支障をきたさないという点で考えれば、デイパックの方がより良いといえるかもしれません。たいていのデイパックは25リットルくらいの容量があり、1泊程度のトレッキングならこれ1つで十分間に合うでしょう。

最近では、パックの中が2層になったタイプや凝ったデザインのものも発売されており、アウトドアだけではなく、タウンユースにも使えるものを手軽に入手することができます。しかし、それでも容量が足りないとなれば、自転車の前部分に取り付けるフロントバッグなどを活用してみるのもよさそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ