脱水症にならないように水分補給を心がける

真夏でなくとも、フィットネスクラブなどのスタジオにたくさんの人数が集まってエクササイズを行うと、湿度も気温もともに高くなってしまいがちです。このような時に気を付けたいのが、脱水症だといえるでしょう。

この症状は、発汗などによって体内の水分が不足するために起こり、頭痛やめまいといった症状から、時には意識を失ってしまうこともある危険な病気です。
人間が必要とする水分は、子どもであれば体重の70%、大人なら60~65%、高齢者で50~55%だといわれています。

そして、体重の1%に相当する水分が失われれば、水が飲みたいと感じるようになり、2%に相当する水分が失われれば食欲が減退したり、頭が痛くなったり吐き気をもよおしたりといった症状が現れる場合があります。

毎日摂取したい理想の水分量は、2.3リットルとも言われており、特にエクササイズをしなくても、この同量だけ体外に自然に排出されていることになります。
つまり、エクササイズをして汗をよくかいている場合には、その途中でこまめに水分補給をする必要があるといえます。

中には、サウナのダイエット効果を期待している人もいますが、補給をせずにいたのでは脱水症状に陥り、健康を害する結果になってしまいます。

補給の際には、ビタミンやミネラル、電解質なども同時に補給できるスポーツドリンクなどを利用してみるのもより効果的といえるでしょう。目安としては、さほど強くないエクササイズであっても15分に1回くらい、だいたいコップ1杯程度の水分を補給するようにします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ