前十字靭帯はスポーツや交通事故で損傷しやすい

膝は非常に精巧な作りをしているため、階段を上り下りしたり激しいスポーツをしたりといった複雑な動きをこなすことができます。その膝の中央部分で、太ももの大腿骨と膝下の脛骨とが、ずれずに組み合わさるようにする役割をしているのが、前十字靭帯と後十字靭帯の2つです。.

この2つは、交通事故やスポーツにより、損傷したり断裂したりといったダメージを負うケースもよく知られているといえるでしょう。
靭帯を損傷しやすいスポーツといえば、着地の衝撃が特に激しいバスケットボ―ルやバレーボールの他、接触の機会が多いフットボールなどが挙げられます。

損傷を受けた直後の患部は大きく腫れ上がる場合も多く、非常に強い痛みも伴います。断裂してしまった場合などは、しばらく動かせない状態が続くものですが、通常は、数日もすれば次第に腫れも痛みも引いていき、少しずつ膝を動かすことができるようになる場合がほとんどです。

しかし、時には膝がなかなか安定せず、膝が外れるように感じたりといった症状が続く場合もあります。
ハードなトレーニングを今後も続けていくことを希望しているアスリートなどは、靭帯を再建する手術を受けることも選択肢の一つになるでしょう。

しかし、そうでない場合には、手術は回避して、膝が安定するように周囲の筋肉を鍛えることで、日常生活を無理なく送れるようにするという選択もできます。いずれにしても、痛みが後々まで残ってしまわないよう、医師に適切な判断を仰ぐことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ