スタビライゼーションで慢性腰痛を解消する

慢性化してしまった腰痛を、効果的に改善できるといわれているエクササイズがスタビライゼーションです。これは、腹筋や背筋をバランスよく使うことが不得手で、腰でばかり体を支えている人には、最適なエクササイズといえるでしょう。

体の中心である体幹の筋肉をしっかり使うことができれば、長年の悩みであった腰痛も自然と和らいでいくに違いありません。スタビライゼーションを行う前には、準備運動が必要です。四つん這いになり、頭と腰を下げて背中を天井に向けて丸めてみたり、逆に頭と腰を天井に向けて背中を反らしたりしておきます。

次に、スタビライゼーションの基本と言われる、頭の先から尾骨までが一直線になるように体のラインを作ります。この時、足首は90°に曲げてつま先が床につくようにします。この基本姿勢から、足を床に対して平行に上げてみます。腹筋と背筋をしっかりと意識してぐらつかないようにすることが大切です。

そのまま足と逆側の腕を床に対して平行に上げ、体のラインを一直線にして、10秒キープしたら左右を入れ替えて同様に行います。これが楽に出来る場合には、両肘とつま先を床に付けて、踵を押し出すようにして、体のラインを一直線にしてキープしてみます。

この時も、腹筋と背筋をしっかり使って、肩や首、腰といった余計な部分の筋肉は柔らかく保つようにすることが大切です。そして、これも楽にできたら、この状態から床と平行になるまで、片足を上げてキープしてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ