水泳体型でもウエストやふくらはぎは女性らしく

水泳をしていると、肩幅が広くなって腰回りが小さ目という、水泳体型になってしまう場合があります。男性であれば非常に理想的ともいえる体型ですが、女性となると、あまり好まれない場合が多いともいえるでしょう。
しかし、水泳をしたらスタイルが悪くなってしまうということではありません。

女性が気になるスタイルの一つが足の細さにありますが、スポーツをする割にはふくらはぎがほとんど太くならないのが、水泳の良いところといえそうです。これは、浮力のある水中でのスポーツなので、陸上競技などとは違って、下半身にばかり負担がかかるということがないからです。

陸上のスポーツとなれば、激しくジャンプをすると、体重の何倍もの重量が腰や足にかかってきてしまいます。筋肉太りで固くなったふくらはぎでは、確かに女性らしいハイヒールは似合わないかもしれません。その点、水泳なら全身の筋肉をバランスよく使うことができるでしょう。

また、水泳の細かな動きは、体の各部を理想的に鍛えてくれそうです。例えば、バタ足は腿から動かすので、自然に腹筋や臀筋を鍛えることができますし、水泳体型である逆三角形に鍛えられた体型は、上半身をしっかり支えることができるので、姿勢が良くなりウエストはほっそりとくびれさせることができるでしょう。

つまり、肩幅はやや広めではあるものの、背筋はすっと伸びてウエストは締まり、きちんとヒップアップされた腰回りはさほど大きくはなく、ふくらはぎは細くて柔らかさがあるという体型になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ