ショルダープレスは肩や首の筋肉を鍛えるトレーニング

ショルダープレスは、三角筋や僧帽筋など肩周りを鍛えるための筋肉トレーニングです。三角筋は肩のつけ根の筋肉のことで、僧帽筋は首のつけ根から肩甲骨の間に渡る大きな筋肉になります。これらをしっかりと鍛えることができると、がっしりとした上半身を手に入れられるでしょう。

単純な引き締め効果だけでなく、筋力アップや脂肪燃焼効率を高めて痩せやすく太りにくい体質を手に入れられるのも大きな特徴です。
ショルダープレスはダンベルを用います。まずは足を肩幅に広げ、ダンベルを両手に持ったら顔の高さまで腕を持ち上げます。

これがスタートポジションです。次に、顔の横にあるダンベルをまっすぐ上に向けて伸ばしていきます。このとき三角筋と僧帽筋に負荷がかかっていることを意識しましょう。腕を伸ばしきる前まで持ち上げたら次は顔の横までゆっくりとおろしていきます。この動作を8回から12回、2セットから3セットに分けて行っていきます。

上手にショルダープレスを行うためのポイントとして、
・背筋を伸ばして胸を張った姿勢をキープし続けるように意識すること
・どの筋肉がどのように動いているのかを意識すること
・腕が完全に伸び切る前に止めてゆっくりと降ろすようにすること

が挙げられます。反動をつけて何度も繰り返すのではなく、ひとつひとつの動作をゆっくりと丁寧に行うようにしましょう。反動をつけてしまうと負荷が減ってしまいますし、何より関節の故障に繋がってしまいます。

もしもダンベルを持っていない方は、ペットボトルの中に水を入れてそれを負荷として扱うのもおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ