筋断裂は筋肉が切れるケガで歩行すら困難になることも

筋断裂はいわゆる肉離れと呼ばれるケガの一種です。スポーツを行っていて筋肉に急激に強い力を加えた際に自らの筋力に耐えきれなくなって筋線維が断裂します。そのため普段からよく運動をしている、ある程度の筋力を持った人は起こりやすいので注意が必要です。

筋断裂の最大の特徴は強い痛みが生じ、そして内出血が起こります。筋肉の繊維が断裂しており、これによって出血が起こるため内出血が現れます。程度にもよりますが激しい痛みを伴ったり、大きく腫れる場合も珍しくありません。また、部位によっては歩くのが困難になることもあります。

筋断裂が起こった場合は、患部を触ると筋肉が断裂した部分がへこんでいるのが分かります。もしも起こってしまったときは保存治療を行いましょう。15分から20分程度丁寧にアイシングをすることで腫れを抑え、痛みを和らげられます。また、包帯を使って圧迫・固定することも忘れないようにしましょう。

応急処置を終えたらできるだけ早く病院を受診してください。ある程度治ったら圧迫包帯を除去し、ストレッチや軽いランニングなど軽めの運動で徐々に慣らしていきましょう。程度によってはリハビリを加えなくてはならず、主治医に相談した上で開始時期などを決定していきます。

予防方法としては十分なストレッチを行うことが最も有効です。念入りなストレッチを行い、運動した後は必ずクールダウンのためのストレッチを加えます。ほとんどは筋肉が準備ができていない状態で、急激な力が加わることで引き起こされているのでウォーミングアップをすることで回避できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ