オーバーストレッチに注意して体を柔らかく

体を柔らかくするために日々のストレッチは欠かせませんが、いきなり過度な体勢を取ったりしては、かえって体に悪影響を与えてしまうこともあり注意しなくてはなりません。特に気温の低い中で行う場合には、ストレッチの前に非常に軽いジョギングをするなどして、全身を温め血行を良くしてから始めた方が良いでしょう。

また、ストレッチの効果を上げる為にはある程度筋肉がストレスを感じるくらいに伸ばした方が良いと考えられていますが、痛みに耐えなくてはならないほどに伸ばすのでは、腱などを痛めてしまいがちです。このように、無理に伸ばしてしまうことはオーバーストレッチと呼んで注意しなければいけません。

腱などにダメージを与えずにストレッチするには、反動を付けないことが大切です。自分の現在の段階をよく踏まえて、筋肉がほど良く伸びていることを実感する位置で10~15秒程度静止して、ゆったりと時間をかけるイメージを持って伸ばしてあげましょう。また、呼吸を付けることを忘れてはいけません。

キープする体勢に至るまでは息を少しずつ吐きながら伸ばしていき、体勢が決まったらリラックスして呼吸を続けます。伸ばしている筋肉を意識して、首や肩に余計な力が入っていないかも自分で確認してみることも大切です。

十分に伸ばしたら息を吸いながら元の体勢に戻り、一度全身の緊張をほどいてから再び同じ部分をストレッチしていきます。2回目は20~25秒程度、3回目は30~35秒程度といったように、数度に分けて少しずつ伸ばす時間を増やしていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ