ウオーキングをすると心身ともに健康になれる

季節の移り変わっていく様子を楽しみながら行うウオーキングは、手軽にできる有酸素運動として人気を集めています。背筋を伸ばして腕を振って軽快に歩けば、全身の血液がよどみなく流れ、脳をも活性化させてストレスも軽減されることが認められています。

脳が活性化されるのは、酸素が十分に行き渡ってさまざまな脳内ホルモンが分泌されるようになるからです。のんびりと散歩しただけでも不思議と良いアイデアや直面していた難題の解決策が浮かんできた、という経験を持つ人も少なくありません。程よくリラックスでき、やる気が出てくるのがウオーキングの特徴であるといえるでしょう。

しかし、より効率の良い脳内ホルモンの分泌を期待するのであれば、しっかりしたフォームを身に着けてエクササイズとして取り組んだ方が良さそうです。

ウオーキングにより分泌される脳内ホルモンの一つは、はつらつとした気分でモチベーションが上がり集中力をも高めてくれるドーパミン(Dopamine)で、分泌が減少するとパーキンソン病の原因になるとされています。また、幸福ホルモンという別名を持ち、ストレスを軽減させて、うつ病をも改善すると言われるセロトニン(serotonin)の分泌も促されます。

そして、脳内麻薬とも言われるのは強い鎮痛効果を持つβエンドルフィンというホルモンで、よく言うランナーズ・ハイはこの物質の分泌によるものだと考えられています。筋肉が付き、心肺機能もアップし、脳が活性化されることで、体にも心にも良い作用があるといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ