亡きジョー・ウイダー氏はボディビルの神様

さまざまな栄養素を手軽に摂取することのできるウイダーinゼリーは森永製菓より販売されていますが、これは、アメリカのスポーツ栄養分野の老舗ブランド、ウイダー(Weider)社との提携に依るものです。そしてこのウイダー社は、ボディビルの神様と讃えられるスポーツトレーナー、ジョー・ウイダー(Joe Weider)氏によってスタートした会社です。

ジョー・ウイダー氏は、日本でもお馴染みの映画スター、アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスタ・スタローンを始めとして、多くの一流アスリートのトレーニングを指導した人物としても広く知られた存在です。

氏は、「食を制せば戦いをも制す」と語っているように、トレーニングに及ぼす栄養バランスがいかに重大であるかを実践してきた人物ともいえるでしょう。フィットネス業界に多大な功績を遺した彼は、2013年3月に心不全により93歳で亡くなっています。

現在では、ウイダー社の商品は120を超える国々で販売され、スポーツを愛する世界中の人々に支持されています。ジョー・ウイダー氏は、プロ・ボディビル界の最高峰と謳われる国際大会、ミスター・オリンピア(Mr. Olympia)を手掛け、1965年に、ニューヨークのブルックリンにて第一回大会を開催しました。

アーノルド・シュワルツェネッガーは、その後のこの大会に出場し、合計7回の優勝を飾り、1977年に封切られたボディビルのドキュメンタリー映画「パンピング・アイアン(鋼鉄の男)」にも取り上げられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ