イメージトレーニングで自分を成功へと導く

アスリートの多くは、自分が優勝した時の映像を鮮明に描き出すイメージトレーニングを行っているものです。それは、ただ憧れるだけといった軽いものではなく、現実を引き寄せてしまうほどに強烈な映像であることが特徴で、より強烈に描けることが成功の秘訣ともいえるでしょう。

イメージトレーニングに必要なのは、ぼんやりと空想することではありません。こうなりたいという自分をはっきりと想像することが大切なのです。なりたい自分が明確にイメージできたら、次はそれを具体化させてみましょう。

たとえば、大きな大会で優勝しているのがなりたい自分であれば、表彰台の一番高いところに上がって、周りから大きな拍手と歓声を浴び、スポンサーと固く握手しているところを、まるで映画のワンシーンのように具体的に描いてみるのです。そうすることで、その場にいる自分の感情までもが、自然に湧き起ってくるはずです。

その次には、過去に成功した自らの体験と結び付けてみます。ここもとても大切なポイントで、実は、より具体的に成功シーンを描き出すためには、過去の経験が鍵となってくるのです。過去に起こった経験を基にして、将来の成功をより具体的にイメージさせられるかがイメージトレーニングの秘訣といえるでしょう。

しかし、例えそのような経験がなくても、諦めてしまう必要はありません。成功したことがなければ、自分で表彰台に見立てた台に上り、ありありとイメージしてみれば良いのです。これを毎日繰り返すことが何より大切といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ