フィットネスシューズは主に室内での利用を想定して作られている

フィットネスシューズは主に室内でのエクササイズやトレーニングに利用することを想定して作られているので、底はクッション性が高くやわらかいタイプが多いです。底の厚さだけでもバリエーションがありますが、フィットネスの種類によって使い分けることができるようになっています。

例えば、ストレッチとエアロビクスでは動きが全く異なりますので、下半身の筋肉や関節にかかる負荷を考えて選んだ方が良いのですが、フィットネスクラブなどで複数のプログラムを受講する場合には、その都度シューズを変えるのは大変ですので、最もハードなトレーニングに合わせて選ぶとよいでしょう。

運動をする場合には服装は基本的には自由ですが、かかとをしっかりと支えることができて、足首や膝に余計な負荷がかかりにくいものを履くようにしなければ怪我のリスクが高くなります。

ただし、屋外用と屋内用では構造や特徴が異なっていますので、少なくとも屋外と屋内とでは異なるタイプを用いることが大切で、履き分けることで体にかかる負荷を軽減することが可能です。

このことから、ダイエットに効果的なジョギングシューズなど屋外用として適していて、硬いアスファルトを走っても足首、膝、腰の関節や筋肉などに衝撃がかかりにくいように耐久性・クッション性に重視した作りとなっています。

ベテランのアスリートになると軽量性に重点が置かれますので、その選手に適したものが選ばれますが、初心者は筋力や関節のトレーニングが不十分なので、なるべくクッション性の高いものがよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用品

このページの先頭へ