チタンは金属素材で筋肉を温める働きをもっている

金属素材のチタンは、人間の体に良い効果をもたらすことが研究によって明らかにされており、例えば、新陳代謝を良くして血液の循環を活性化させる働きを持っているので、成分を配合したアイテムを使用してトレーニングや運動を行えば、筋肉にかかる負担を軽くしたり、機能の強化をすることが可能です。

筋肉は冷えると血流が悪くなり働きが鈍くなる傾向がありますが、常に温めた状態を保つことができればスポーツ競技などおいて高いパフォーマンスができるようになります。さらに、体を温めて血行を維持できる効果によって、疲労の蓄積や筋肉のコリを予防する効果も認められています。

このようなことから、ネックレス、ブレスレッド、アンクレットなどに加工した成分を配合して身に着けるアスリートが多いです。その他、有効成分を塗布したテープもあり、スポーツテーピング用として怪我の予防や応急処置に利用すると効果があります。

チタンには蓄熱だけでなく、抗菌・消臭、紫外線カットという効果もあり、これらの働きをフィットネスウェアや水着の生地に応用することで高い発汗作用と保温効果のある製品が作られていて、水泳で冷えが気になる人、冷え性対策にインナーとして、発汗を促してダイエット効果を得たいなどと考えている人に注目されています。

金属成分なのでアレルギーが気になるところですが、この成分は金属アレルギーの心配のない素材なので、着用することで皮膚がかぶれるなどの心配はありません。そのため、幅広い人が安全に利用することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用品

このページの先頭へ