ケア用品はトレーニングを行うときに体を労わるためのアイテム

ケア用品は必ずしも介護用品のことではなく、フィットネスにおいてはトレーニングを行う際に体を労わるためのアイテムのことです。例えばトレーニングをするときには、服装によって体に受ける衝撃の度合いが異なってきます。

ウォーキングやラニングの際には足にあった靴を選ぶことは大切で、サイズだけでなく中敷きや靴底のクッションによって足全体や膝にかかる負担の度合いが変わってきます。また、ウエアにもポイントがあり、デザイン重視ものを着用すると動きの妨げになってしまいますので、できるだけ動きやすい服装をすることが望ましいでしょう。

さらに関節をいたわったり、体温を保持するなどの機能性を持たせたウェアを着用することによって、体にかかる負担を最小限にした効果的なトレーニングを行えます。また、屋外でのトレーニングにはサングラスで紫外線から目を保護したり、帽子をかぶる、UVカット加工の生地のもの選ぶなどに気を使うことも大切です。

そして、トレーニング後には、ダイエット中だとしてもトレーニングによって消費された栄養素を補って体のケアをする事を忘れてはなりません。汗は体内の水分が失われるだけでなく、ミネラル分やアミノ酸なとの栄養素も排泄します。

一時的に体重が減るのは蓄積してる脂肪が燃焼された結果ではなく、体内の水分が減っただけのことです。健康を維持するためにはBCAAが配合されたビタミン剤、プロテインなどでケアをするとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用品

このページの先頭へ