ローフードダイエットは、生の食材を食べることで基礎代謝をアップ

ローフードダイエットは、週末だけに実践しても効果が期待でき、デトックス作用でむくみ改善に非常に効果的であると言われています。また美容に関しても効き目があり、肌のくすみをとり、吹き出物などの肌トラブルを改善する働きがあります。ハリのある肌を保つアンチエイジング機能も高いです。

飲み会や外食ばかりが続くと、暴飲暴食になってしまい、体重が増える、むくみが続く、肌荒れが起こるなどのマイナートラブルが起きるでしょう。日頃のストレスや疲れを一掃するために、週末にローフードダイエットを行う人が増えています。

ローフードとは、加工していない新鮮な生の食材のこと。ニューヨークから人気が出たローフードダイエットは、加熱していない野菜や果物、ナッツ類などを中心に摂取する方法です。生の食材を食べることは、酵素を取り込むことにもなります。

加熱すると酵素は変性してその性能を失ってしまうので、加熱処理していない食材を食べることで体内の酵素量を増やしていくのです。酵素が体内で増えると新陳代謝が上がり、脂肪を燃焼させやすくなったり、体内にたまった老廃物を排出するデトックス作用が行いやすくなったりします。

またローフードは、消化する時に体への負担が少ないと言われています。体への負担が軽減されれば、内臓器官を休息させることができますし、暴飲暴食などが続いて荒れていた内臓の機能を正常に戻すことができるでしょう。内臓がきちんと元通りに働くようになれば、デトックス作用でむくみが改善され、体が楽になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ