ラクチュロースダイエットはビフィズス菌増殖を手助けしてお通じスッキリ

ラクチュロースダイエットは、大腸まで直接届くことによって、ビフィズス菌を増加させる働きがあるラクチュロースを摂取することで、腸内環境のバランスを保つダイエット方法です。ラクチュロースは乳糖由来のミルクオリゴ糖です。お腹の中にいる常在菌であるビフィズス菌を増殖させる働きがあるので、腸内の環境を整えてくれます。

フラクトースとガラクトースの二種類の糖から作られていて、匂いはなく、白色の結晶粉末状になっています。味は爽やかな甘みで摂取しやすく、水にもすぐ溶けるので、コーヒーや紅茶に混ぜても口当たりがよいでしょう。

糖類の多くは、胃や小腸で酵素の働きによって分解、吸収されることがほとんどで、脂肪として蓄積されやすくダイエットの大敵になっていました。しかしラクチュロースは、小腸では分解、吸収されることなく大腸まで到達することが可能です。大腸までいくと善玉菌がたくさんいますので、ビフィズス菌の栄養素となって増殖を促進します。

ビフィズス菌を食べ物から摂取しても、大腸まで届くのはごくわずか。それならば体内で腸内細菌を増やした方が効率がよいと考えられるのです。ラクチュロースはビフィズス菌と合わせて摂取すると、より効果を発揮することができます。

ヨーグルトなどに1日4g程度のラクチュロースを混ぜて食べると、腸内バランスがよくなり、便秘改善、基礎代謝向上につながり、脂肪をためにくく痩せやすい体質を維持することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ