ラブレ菌ダイエットは、大腸まで届く強い乳酸菌を摂取することで腸内環境を改善

ラブレ菌ダイエットは、ぽっこりお腹を解消することができる部分痩せに効果的なダイエット方法です。すぐき漬けと呼ばれる京都発祥のカブの漬物に多く含まれることが発見されたラブレ菌は、腸内環境を整える乳酸菌の一種です。

乳酸菌の多くは、体外から摂取しても腸に届くまでに消化吸収されることがほとんどで、大腸まで達することができない場合が非常に多いです。しかしラブレ菌は、漬物のような塩分が濃く酸度も強い過酷な環境下でも生存する強い力を持っているため、胃や小腸で吸収されずに大腸まで到達することが多いと言われています。

ぽっこりお腹の原因は便秘です。便秘のため宿便が溜まり、お腹を充満させてしまって、下っ腹が出てきてしまうのです。また善玉菌が減少して悪玉菌が腸内に増えることにより、腸が弱ってしまい粘膜がただれた状態になることがあります。粘膜が荒れてしまうと腸は腫れてくるので、お腹に脂肪がついたように太って見えるのです。

腸内細菌を増やすことで、ぜん動運動は活発になり、便がスムーズに排出されるようになります。ラブレ菌を豊富に含むすぐき漬けを毎日摂取することが難しい場合は、ラブレ菌入りのサプリメントを摂取することで簡単に体内にラブレ菌を取り込むことができるでしょう。

すぐき漬けの場合は、たくさん食べなくても一切れでも十分な乳酸菌を摂取することができます。食べ過ぎは塩分過多になりむくみが出たり、ダイエットによくなかったりするので気を付けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ