ヨーグルトダイエットは、善玉菌を増やすことで腸内環境を整える

ヨーグルトダイエットは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を豊富に含むヨーグルトを摂取することで便秘解消につながり、ダイエットにも効果的な方法です。発酵食品であるヨーグルトには、乳酸菌などが多く含まれます。

人の腸内には腸内細菌が住んでおり、その重量は何と1キロもあります。腸内細菌が減ると、腸内環境のバランスが崩れ、きちんと便として排出できなくなってしまいます。善玉菌が腸内に届くことで、頑固な便秘も改善できるのです。

乳酸菌には様々な種類があり、製品によっても多く含まれる乳酸菌は異なります。ヤクルトにはヤクルト菌が豊富で、カスピ海ヨーグルトにはクレモリス菌の多さが特徴です。クレモリス菌は粘り気があり、血流をよくする効果や、腸内の水分保持に役立ちます。

多くの製品に含まれるビフィズス菌には、ビタミンKやビタミンBを吸収する働きがあります。LG21は胃の中で働く菌です。胃がんの原因でもあるピロリ菌を退治する働きから、健康目的でLG21の入ったものを摂取する人が増えています。
ヨーグルトダイエット方法は、好きな食事のタイミングで食べるだけでよいのです。

一番効果的なのは朝食です。朝食べると活動的に腸内で働いてくれ、腸のぜん動運動を活発化してお腹の調子を改善してくれます。ダイエット目的ではなくて普段の生活からヨーグルトを摂取している人は多いので、気軽に始めることができるでしょう。ダイエット目的で始める場合、加糖タイプではなく無糖タイプを選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ