雪茶ダイエットは、脂肪分解力が高いので有酸素運動と組み合わせると効果大

雪茶ダイエットは、雪のように白い茶葉である雪茶を飲むことで、脂肪分解を促進するダイエット方法になります。チベットの高原地帯に生息する天然植物である雪茶は、雪が1年中解けない場所にいます。標高3800mを超える雪原に自生し、葉は白くて、栄養をたっぷり含んでいます。

過酷な環境の中で1年に1センチずつ育っていく雪茶には、ビタミンやミネラル群が豊富に含まれています。チベットの人は昔から雪茶を飲んでおり、肉中心の生活なので野菜のかわりに摂取していたようです。

お肉をたくさん摂取する人にはおすすめのお茶で、アミノ酸やミネラル、ビタミンを含みます。雪茶素という成分は、脂肪を分解して、消化吸収をサポートしてくれます。脂肪を分解してくれることにより、体内に余分な脂肪がつきにくくなるのです。分解力はウーロン茶よりも優れており、70%の分解力が確認されています。

薬草の匂いがすこしきついと感じるかもしれませんが、ゴーヤ茶と混ぜて飲むと非常に飲みやすいです。ゴーヤ茶は焙煎しているので、香ばしい香りがしてコーヒーのような味になります。飲むときには併せて有酸素運動をすることで、さらに高いダイエット効果を得ることができるでしょう。

アミノ酸に含まれるリパーゼという脂肪分解酵素が積極的に働くため、有酸素運動をプラスすれば分解された脂肪がエネルギーとして燃焼していくので、スリムなボディーになれます。毎日脂っこい食事が多い人にはぴったりです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ