ポンコランチ茶ダイエットは血糖値を下げて脂肪蓄積を防ぐ

ポンコランチ茶ダイエットは、飲むだけで血糖値上昇を抑えて肥満を防ぐことができるダイエット方法です。食べ物は摂取した後小腸で分解、吸収されます。多糖類のままの状態では吸収することができないので、α-グルコシダーゼと呼ばれる酵素が多糖類をブトウ糖に分解して、吸収しやすい状態にします。

インドやスリランカで自生しているニシシギ科サラシア属のツル性の植物であるポンコランチには、ダイエットに有効とされているα-グルコシダーゼの働きを抑制する作用がある成分が豊富に含まれています。

α-グルコシダーゼの働きを抑制することで、食べ物を摂取しても体内に吸収しやすい形になりません。ブドウ糖が吸収されなければ、血糖値の上昇は起こらず脂肪の蓄積が起こりにくくなるのです。血糖値上昇を抑えることができるので、インスリンの分泌は減り、低インスリンダイエットと同等の効果を得ることができるでしょう。

ブドウ糖に分解されずに多糖類のまま残った状態の場合、大腸まで移動し、そこで善玉菌の栄養素となるのです。善玉菌の栄養素が増えることで、活発なぜん動運動が行われるようになります。

ぜん動運動が盛んになると、腸内環境は安定してきますので、体内にたまっていた老廃物を綺麗に排除することで、便秘を改善することができるのです。作り方は500~600㏄のお湯に2~3gのポンコランチ茶を入れて煮出すだけ。食前に飲むことで、血糖値上昇を抑えられます。ホットでもアイスでも効能は変わらないのでお好きな方で飲んでみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ