BOOCSダイエットは禁止をなくすことで脳疲労をなくし、適正体重に導く

BOOCSダイエットは脳を使って食べ過ぎを自己調節するダイエット方法で、世界中から注目されています。従来のダイエットは好きなものを我慢しなければいけない、運動しなければいけないなど、食事コントロールや運動を強制的に行うなど、我慢を強いるタイプのものが多いです。

しかし禁止や命令ばかりのダイエットは成功率も低く、いざ痩せたとしてもリバウンドする確率が非常に高いと言われています。また脂肪を落とすと同時に筋肉も落ちていたり、骨格がもろくなっている可能性も高く、体力が落ちていたり、やつれて見えたりすることがあります。

BOOCSダイエットでは、禁止や命令をなくします。すると食べることの楽しみや嬉しさを大いに実感することができるようになり、脳の疲労が減り、暴飲暴食がなくなって適正な量、質の食事をとれるようになるのです。適正な食事を行っていれば、おのずと体重も落ちていき、理想的なボディーへと変身できるわけです。

禁止、命令事項がないので、ダイエットの反動で食べ過ぎてしまうということもなく、リバウンドは非常に低い確率になります。またきちんと食事をすれば、筋肉は落ちませんので、体力不足になることもなく、酸素摂取量が増えると言われています。

肥満になる原因は脳内関係のバランスが崩れるためと言われています。ストレスがかかると脳が疲労し、食欲が増進されたり、甘いものや脂っこいものばかり食べたくなる衝動にかられたりするのです。脳を正常な状態にすることで、接触異常がなくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ