ファスティングダイエットは体内をリセットさせて脂肪蓄積を防ぐ

ファスティングダイエットは、断食をして体内にたまった老廃物や毒素を全て排出するデトックス効果を得て、内臓を休めることで体内リセットを行い、基礎代謝を向上させるダイエット方法です。寝る前の4時間は何も食べないようにして、睡眠時間と合わせて12時間は断食する方法と、1~2日間短期的に断食をする方法があります。

起きている間はエネルギーを消費しやすい状態ですが、睡眠中はエネルギーを蓄えてしまう傾向があります。睡眠前にファスティングすると脂肪蓄積を防ぎます。断食と聞くと、つらいというイメージが強いですが、寝ている間の断食であれば簡単に行うことができます。

1~2日の短期的なファスティングは、準備、断食、復帰の3段階をふむことで無理なくファスティングを行うことができます。社会人や学生の場合、平日にファスティングを行うことは難しいので、週末に行うことができれば簡単にダイエットが可能です。まず始める前日は、昼食は8分目くらいにしておきましょう。

夕食は通常量の半分程度にとどめておき、寝る前3時間は何も食べないようにすることが大切です。またこの日は禁酒をして、水分を普段よりも多めに摂取すると望ましいです。本断食の日には、水分以外は口にしてはいけません。激しい運動などをすると血糖値が下がったりして危険ですので、自宅でゆっくりと過ごすようにしましょう。

復帰の日には、まずはお粥からスタートします。30時間以上内臓を休めている状態なので急に食べ過ぎたり、濃い味つけの物を食べたりしてはいけません。昼食、夕食も少しずつ量を増やしていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ