半身浴ダイエットで発汗して代謝機能をアップさせる

半身浴ダイエットは、半身浴をすることで発汗させ、代謝機能をよくする方法です。リラックス効果もあるので、無理せずダイエットを続けることができます。半身浴は38~40度くらいの体温より少し高めの温度が理想的です。あまり熱い温度ですると長く入れないので、ぬるめに設定するようにしましょう。

また半身ですので、お風呂にためるお湯はいつものお風呂の半分くらいにします。下半身部分だけが浸かるような状態で20~30分お風呂に入ります。
そのままでも効果が期待できますが、プラスアルファをすることでよりダイエット効果が上がるでしょう。まずは重曹を入れてみます。

重曹はお湯がなめらかで柔らかくなるだけでなく、発汗作用が上がると言われています。むくみなどの原因にもなる冷え症改善にも役立ちます。お風呂上りの肌のスベスベ感は気持ちいいです。さらに、アロマ系の匂いがする入浴剤を入れるのもよいでしょう。

半身浴中にリンパマッサージをするのもよいでしょう。体が温まると血行もよくなっていますので、リンパを刺激することにより体内にたまった老廃物や水分を外に排出することができます。むくみが取れてすっきりしたボディーになれるでしょう。

また水分補給は欠かさずに行いましょう。発汗しているので水分を飲まないで半身浴をしていると、脱水症状を起こす危険性があります。入浴前、入浴後にはたっぷりの水分補給をし、入浴中にも水分をとることで、より汗をかきやすい状態にすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ