箸ダイエットは脂肪燃焼をアップさせ満腹中枢を刺激する

箸ダイエットは一口ずつ箸で食べることによって痩せる方法です。半年で10キロ減少も可能で、ダイエット成功率は96%と言われています。箸ダイエットでは、箸を使って食事をすることに重点を置いています。箸を使って少量ずつ口の中に食べ物を運びます。口に入れた食べものは良く噛んで食べるようにしましょう。

30回以上噛むとより効果的と言えます。噛むという行為が脳に刺激を与えて、交感神経が活発になります。交感神経が刺激されることにより、脂肪を燃焼させる働きがある褐色脂肪細胞が目覚めるホルモンであるノルアドレナリンが分泌されます。

褐色脂肪細胞は、体を動かさなくても脂肪を自ら取り込み燃焼させる働きを持っていて、ダイエットには重要な細胞であると言えます。脂肪が蓄えやすい状態になると体脂肪が増え、食べたものをそのまま脂肪にしてしまうでしょう。褐色脂肪細胞が活発に動く状態であれば、たくさん食べてもその分エネルギーとして消費してくれるのです。

またよく噛んで食べることで、ヒスタミンと呼ばれるホルモンが脳から多く分泌されます。ヒスタミンは満腹中枢に作用する働きがあり、お腹がいっぱいになったと感じ、空腹感を感じることなく食事の量を減らせます。ヒスタミンが多く分泌されれば、食べ過ぎを防ぐことができ、結果的にダイエットにつながるでしょう。

箸の作法というよりは、使って食べるという行為が大切で、少しずつよく噛んで食べましょう。スプーンやフォークは簡単に食べ物をすくえるので、食べるペースが速くなったり、一口あたりの量が増えてしまったり、噛む量が減ってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ