爪もみダイエットは、爪のツボを刺激すること基礎代謝を上げる方法

爪もみダイエットとは、爪の先端部分にあるツボを刺激することで、健康になれ、痩せる体質へと改善できるダイエット方法です。爪の生え際部分には、神経の繊維が密集しています。その部分にはツボがいくつかあり、そのツボを刺激することで体の状態をよくしてくれるのです。

爪もみをすると血流がよくなるので、基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい痩せる体質に整えることができます。その他自律神経のバランスもよくなり、免疫力をアップし健康体を手に入れることができるでしょう。腰痛、肩こり、不眠など多くの人が抱える症状を和らげてくれるのです。

爪もみは、両手の親指、人差し指、中指、小指の4本の指の爪を刺激します。生え際部分をもむようにすると、副交感神経が活発になり、血行促進へとつながります。薬指だけしないのは、薬指には交感神経が関与するためです。

方法は、反対側の手を使って行います。親指と人差し指で両側からつまんでもみます。だいたい1本につき10秒程度でよいでしょう。これを1日2~3回行うと効果的です。軽い刺激では意味がない場合もありますが、強すぎると痛くなる可能性もあります。もんだ時に少し痛く感じる程度の力加減でやってみましょう。

爪もみダイエットは道具も必要ありませんし、自宅でも外出先でも通勤、通学途中でも行うことができます。他のカロリーコントロールダイエットや運動と合わせて行うことで、より痩せる体質になれるでしょう。またイライラしている時や、落ち込んだ時、気持ちが沈んでいる時も副交感神経を刺激して和らげてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ