ハチミツダイエットは寝る前おおさじ1杯のはちみつで脂肪燃焼効果を上げる

ハチミツダイエットは、寝る前にはちみつを食べると脂肪燃焼効果がアップする方法です。脂肪燃焼を促進させるためには成長ホルモンが関係しています。成長ホルモンは寝ている間に最も分泌されると言われています。成長ホルモンの分泌を行っているのは脳ですが、脳のエネルギー源となるのが糖質です。

肝臓に蓄えられた糖質はすぐに消費されてしまうので、寝る前にハチミツを摂取することで脳が活性化され、成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンがたくさん分泌されれば、脂肪はしっかりと燃焼され、疲れも取れやすく、代謝も良くなり体内バランスが良くなります。

ハチミツダイエットで大切なのは、まずはバランスのとれた食事をすることです。カロリーオーバーにならないようにすることは大切ですが、糖質が不足しすぎるのもよくありません。また寝る3時間前には夕食を済ませておくこと。成長ホルモン分泌を促進させるためには、質のよい睡眠が重要です。

食べてすぐ寝ると質の悪い睡眠になります。ハチミツは大さじ1杯を就寝1時間前に摂取しましょう。夕食では炭水化物の摂取しすぎに注意が必要です。はちみつも糖質で、炭水化物も糖質ですので、たくさん食べ過ぎると逆効果になってしまいます。最後に睡眠はしっかりととること。

睡眠不足は太りやすくなってしまい、食欲増進の効果があるグレリンというホルモンの分泌にもつながってしまいます。過度なカロリー制限をすることなく、健康的に脂肪燃焼を促進できるハチミツダイエットは非常に魅力的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ