ドイツパンダイエットは脂質代謝を効果的にする

パン好きな人は多いですが、意外に高カロリーなことで知られています。バターをたっぷり使ったクロワッサンやデニッシュタイプのもの特にカロリーが高く、炭水化物は摂取すると太りやすいので、ダイエット中にはパンはあまり食べることができないとイメージしている人も多いでしょう。

バターと糖質が混ざっているものは、吸収が早くすぐに体に蓄積されてしまうのです。しかしドイツパンはヘルシーで、ドイツパンダイエットが存在するほど低カロリーメニューなのです。パンの国として知られているドイツでは、300種類以上のパンがあります。原料はライ麦や丸麦など噛めば噛むほど味わいが出てくる固めの麦を使用しています。

ライ麦はタンパク質やビタミン、食物繊維、ミネラルが小麦に比べて豊富で栄養価が高いのでダイエット中にもぴったりでしょう。特にビタミンB群を多く含んでいることで知られています。ビタミンBは脂質を代謝するのに必要不可欠な栄養素なので、ダイエット中には積極的に摂取したい成分になります。

さらに水溶性のビタミンは、一度にたくさん摂取しても吸収されずに尿中に排出されるということもあるので、こまめに摂取することが望ましいとされています。

ライ麦パンにはたくさんのビタミンB群が含まれており、主食として3食のメニューに出すことができるので、ダイエットにぴったりです。また固いパンなので、よく噛んで食べることにより、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防止してくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ