低カロリーダイエットで余分な脂肪蓄積をブロック

低カロリーダイエットとは、食事コントロールをすることで1日に摂取するカロリーを抑えるダイエット方法です。摂取カロリーがオーバーすると、エネルギーとして消費する分よりも体内にそのまま脂肪として蓄積してしまう量の方が増えてしまうため、太ってしまうのです。

1日の摂取カロリーを減らすことで、余分な脂肪がつきにくく、体重を落とすことが可能です。一般的な成人の摂取カロリーは1日あたりだいたい1800kcal~2200kcalと言われています。年代や男女の差はあるので目安と考えるのが良いでしょう。ダイエット中には、体重×25~30kcalが理想的と言われています。

しかし減らしすぎると飢餓状態になってしまったり、炭水化物やたんぱく質の不足により活動的になれなかったりします。さらに基礎代謝が低下してしまい、ダイエットを終えた後にリバウンドしてしまう結果になることもあるので、注意が必要です。1200kcal以上は少なくても摂取することが望ましいです。

低カロリー食品はたくさんあり、こんにゃく、キノコ、海藻、ヨーグルト、豆腐、りんご、キャベツ、トマトなど栄養分も摂りつつ綺麗に痩せることができる食品を選ぶことが大切でしょう。

またカロリーを抑えた食事制限によるダイエットはストレスがたまりやすいので、満腹感の得られるメニューだったり、脂質を抑えた手作りのお菓子だったり、食に対する欲求不満が爆発しないようにすることが大切です。市販のダイエット食品も多数販売しており、手軽に取れるので使用してみるのもおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ