茶樹茸ダイエットには間接的にリラックスさせる効果も

茶樹茸ダイエットに使用される茶樹きのこの原産は中国であり、日本では自生していないきのことして知られていますので、生の茶樹きのこを手に入れることはなかなか難しいでしょう。しかし、乾燥した茶樹きのこが輸入されており、そういったものを戻してから調理をして食べることで、摂取することが可能になります。

利用法としては、スープや炊き込みごはんなど、他のきのこ類を調理するのと同様に料理の中に幅広く取り入れ、毎日少しずつでも摂取していくことで効果を発揮するでしょう。グルタミン酸と昆布に含まれるグルタミン酸グアニル酸が混ざることで、数十倍にも旨味が強くなりますので、昆布を使って料理を作るとさらに美味しくなるのでオススメです。

グルタミン酸には、旨味成分のほかにもリラックス成分が含まれており、間接的ではありますがリラックス効果も得られる可能性があります。乾燥したものを料理して食べる場合には問題ないですが、サプリメントや粉末タイプを利用する場合には、大量摂取することで神経が高ぶるケースもあるようなので、一度に大量に摂取することはやめましょう。

また成分として含まれるβグルカンや食物繊維は、大量に摂取することでお腹をこわすこともありますので、注意が必要です。これらには老廃物を排出する働きもありますが、同時に栄養素も排出してしまう危険性がありますので、摂取する際には一緒にビタミンやミネラルを摂るのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ