チアシードダイエットはジェル状にして使用するのが一般的

チアシードダイエットに使用されるチアシードとは、アステカという南米文化時代より珍重されてきた食物であり、現在ではアメリカでも様々に健康食品として利用されています。

有名なニューヨークタイムズでも紹介されたこともあり、そのまま種子を取る方法と種子をひいた後に粉にして、小麦粉の代用としてパンやケーキを作る際の食材として使用する方法があることで知られています。また、チアシードを発芽させてアルファルファのように数センチ成長したらサラダとして生のまま食べるといった方法もあるようです。

最大の特徴として、水分を吸収して膨らむ為体内に摂取する量が少なくても満腹感が得られるという事です。そのため、チアシードをダイエットに使用する方法としては、いったん水につけてジェルとして使うのが一般的です。

種子の表面が水分によって10倍前後に膨張することによって量が増え、これがお腹の中に入ることによって空腹感を取り除くことができ、過食を避けるといった作用があります。

この水で膨らむ作用を活かすことができる方法で摂取することが大切であり、オススメな方法としては朝食の際、豆乳や飲むヨーグルトの中に膨張させたジェルを好みの分量混ぜて、コップ1杯分くらいの量を摂取するものです。この方法であれば、効果的に成分を取り入れることが可能となります。

基本的には朝にこの方法で摂取した場合、お昼までは空腹を感じずにいられるようですし、食物繊維も豊富な為便秘解消の効果も期待できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ