そばダイエットには体のさびを防ぐ効果のあるルチンが含まれている

そばダイエットは置き換えダイエットに含まれる方法であり、人によって置き換えるのが朝食であるとか夕食の1食だけというように変わってきます。基本的には、1日3食のうちの2食か1食を蕎麦に置き換える必要があります。

そば自体はカロリーが低いので、盛りそばなどの蕎麦本来の味を楽しめるものであれば、1食の摂取カロリーを低く抑えることも可能です。蕎麦に置き換えることでの栄養不足も心配されますが、食事の際にタンパク質や他の栄養素も摂れるような食材を一緒に摂ることで、栄養の偏りも少しは解消されるのではないでしょうか。

蕎麦だけでなく納豆や山菜などを加えれば、急激なカロリー上昇もありませんので安心です。しかし、天ぷらなどの油を使った食材との組み合わせは、カロリーを高め、効果を半減させてしまいますので注意しなければなりません。

そしてダイエット成功後に、蕎麦ではなく米を主食とした食事に戻した場合には、リバウンドの可能性がありますので、自分の希望する結果になったとしても、ある程度は持続していくことをオススメします。

蕎麦はカロリーも低いことから、ダイエットに向いている食材と言われており、ダイエットに重要であり体のさびを防ぐ効果のあるルチンと呼ばれる栄養素が含まれていることでも注目されています。ルチンはポリフェノールの一種であり、血管を強くする働きがあるとされています。血管の中でも特に毛細血管に作用して、高血圧や脳内出血などの疾患を予防する働きがあるのも見逃せない点でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ