石蓮花茶ダイエットには脂肪を燃やして体を引き締める作用がある

石蓮花茶ダイエットに使用される石蓮花とは、景天科石蓮属に分類される多年生植物で、中国広西省巴馬自治県の山奥にある岩肌に自生していますが、別名を燕子掌とも呼び、サボテンの一種でもあります。

広西巴馬村周辺は世界5大長寿集落として知られており、石蓮花は3年に一度ほど淡いピンク色の花を咲かせるので、幻の花とも呼ばれて重宝されています。健康食品への利用を発明した丁慶氏の理論に基づき、石連花抽出エキスや副原料及び配合量を厳守して製品化したものとなっており、石蓮花の名前の由来は丁慶博士の名前を取っているとも言われています。

効果としては、脂肪を燃やして体を引き締める作用が含まれており、1日1杯か2杯のお茶を飲むだけといった手軽さも人気です。しかもクセがなく美味しいので、無理なく飲むことができます。さらに血糖降下作用があるとされており、有効成分も明らかにされています。

そのエキスはDetetion Suger Patentの略称でDSPと名づけられ、糖尿病患者に対しての臨床試験が行われた実績がありますので、医学的にも信頼性が高いと言えるでしょう。

その結果として、インスリン依存型や非依存型患者に対して顕著な効果が表れると言われ、糖尿病の症状である口渇や疲れやすさ、多尿や体力減退といった症状が改善されたといった報告もあります。その他にも、美肌効果や免疫機能活性、滋養強壮作用などの様々な効果も期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ