炭酸ガスダイエットには体内環境を改善する作用がある

炭酸ガスダイエットにはいくつかの方法があり、ひとつは炭酸ガスを溶け込ませたお風呂に入ることです。炭酸ガスはとても小さな分子であるため、簡単に皮膚を通過し、体内へ取り込まれた後に血管内へ入っていってくれますので、体への浸透力がとても強力であると言えます。

血管内に吸収されることによって、急激な運動をした時のように酸素が不足している状態となり、血管が広がって血流が増加することで代謝が上がるので、ダイエットに効果があると言われているのです。

炭酸ガスは抗酸化効果も期待でき、通常は酸性になる人間の身体を中和することで、体内環境を改善してくれる効果も期待できます。また、炭酸水を飲むことで満腹感が増し、結果的にダイエットになるという方法もあり、手軽に実行できることから女性を中心に注目を集めています。

自分ではできない方法にはなりますが、カーボメットと呼ばれる炭酸ガスを利用した方法もあり、点滴の針より更に細い針を使用して皮下脂肪に注入することで、脂肪を分解し燃焼させるといった痩身法もあるのです。炭酸ガスには、セルライトと呼ばれる脂肪の繊維組織の結合を砕き、分解する働きがあります。

体内に炭酸ガスが充満することで、細胞が必要とする酸素が血液中から大量に放出されるため、皮下脂肪や皮膚の新陳代謝がとても活性化して、自己再生能力が高まるそうです。そこで妊娠線や肌荒れ、老化防止などにも期待できる痩身治療として取り入れられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ