ゾーンダイエットで食事によってホルモンバランスを整える

ゾーンダイエットは、決められた量のたんぱく質や炭水化物、脂肪を4:3:3の比率で毎食とるというルールを、食生活の中に取り入れることによって、体をホルモンバランスが取れているゾーン状態にし、脂肪を自然に落としていくといったダイエット法になります。

アメリカでとても注目を集めている方法で、日本でも実践して効果を得ている人がたくさんいることで知られています。食事制限でのダイエットは効果がなかなか現れないのがネックになりますが、この方法は早ければ約2週間で効果が見えてくることもあるようで、そういったことも人気の秘密と言えるでしょう。

体をゾーン状態にするとどういった良いことがあるのかというと、まずホルモンのバランスがとれることによって、空腹感をあまり感じなくなると言われていますので、ついうっかり食べ過ぎてしまうなどということもなくなり、体脂肪も無理なく自然に落ちていくといった効果が期待できます。

さらに、安定した血糖値を保つことで頭もスッキリするので、仕事や勉強の効率も上がるのではないでしょうか。
体に無理をさせず自然にスリムな体形になることで、生活習慣病などのリスクも軽減できると言われています。

常にゾーン状態をキープすることで、ダイエットになるだけでなく健康状態も良い状態をキープし、さらに仕事にもこれまで以上に効率的に取り組むことが可能になることから、生活すべてが良い方向へ向かっていくことも可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ