小腸デトックスダイエットで体の有害物質を上手に排出

小腸デトックスダイエットは、小腸の中の有害物質を体の外へ排出することで、体の中からきれいになろうというダイエット方法です。デトックスという言葉はよく耳にしますが、体の中の毒素を体外へ出すということを意味しますので、この場合にはまず小腸の中をきれいにしましょうということになるわけです。

では、なぜ小腸をきれいにすることがダイエットにつながるのかというと、小腸にある絨毛(じゅうもう)と呼ばれる突起の部分には体内の不要な物質が溜まりやすく、これを取り除かずに放置しておくと、老廃物が排出されにくい体質になってしまうからだそうです。

この方法には、クロロフィルと呼ばれる葉緑素の働きが重要であり、これを効果的に体内にとりこむことによって、デトックス効果が生まれるとされています。クロロフィルは青物野菜に多く含まれ、ダイオキシンなど毒性の強いものを吸着する力もあります。

代表的な野菜としてはほうれん草、小松菜やニラ、春菊、シソ、ブロッコリー、ワカメ、パセリ、ピーマンなどが挙げられますので、これらの野菜を上手に摂取することで効果が発揮されます。吸収されやすくなる摂取方法としては、加熱したり小さく切ることがオススメです。

加熱することによって細胞壁が壊れやすくなり、クロロフィルが細胞壁の外に出やすくなると言われています。つまり、細胞壁の外にクロロフィルが出ないと効果を発揮しないというわけですので、小さく切ることによって細胞壁を壊すことも有効手段です。ミキサーなどを使用するとより多く摂取することが可能になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ