タッチダウンダイエットは自分のたるんだ体を意識することが大切

タッチダウンダイエットは、プロレスラーでありタレントとしても活躍している大仁田厚さんが紹介しているダイエット法です。自身もこの方法で体重は50kg、そしてウエストは49cmものサイズダウンに成功したという実績を持っています。

あまりの体形の変化に、メディアやインターネット上では、何かの病気だろうとか整形ではないかなどの噂もささやかれたほどでした。その方法を紹介した本も出版されています。大仁田氏がこのダイエットを始めたきっかけは、足を組んだ際にお腹の肉がめくれたことが嫌になったからだそうです。

そこから減量へ向けて努力を重ね、現在の姿があるのでしょう。この方法で重要なのは、自分の体のたるみを常に意識することです。体をタッチすることで、現在の状態を把握しておくことが効果的であるようです。やり方はそんなに難しくなく、まずは鏡を毎日見て、自分の体の気になる部分を触りながら、現状を確認します。

そして朝は豆乳を必ず飲み、昼は何でも好きなものを食べ、夜は野菜中心の食事にします。やるべきことはたったこれだけで、あとは毎日継続していくことで、大仁田氏のように成功を手にすることができるのです。

体を動かすダイエットでは挫折を繰り返している方でも、毎日鏡を見て意識することと食事に気をつけることであれば、継続可能なのではないでしょうか。実際の成功例もあることなので、その姿を未来の自分と置き換えて頑張ってみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ