毎日3分で終わるサーキットダイエットは有酸素、無酸素運動の組み合わせで行う

アメリカで誕生したサーキットダイエットはたったの3分でできる運動系ダイエットです。運動はダイエットに効果的とわかっていても、何十分も毎日続けるのはつらいと感じる人が多く、途中で挫折してしまうことがあります。長い時間しなくても、たったの3分でも毎日することで効果的に体重を落とすことができるのです。

有酸素運動は20分以上しないと効果がでにくく、脂肪が燃焼しにくいと言われています。しかしサーキットダイエットでは、無酸素運動を行い、筋肉に酸素が不足している状態のところに、有酸素運動を行うので、効率よく脂肪を燃焼させることができます。やり方は筋トレと、有酸素運動を3種類、30秒ずつ行います。

まず筋トレはスクワット、腹筋、腕立て伏せをしましょう。筋トレが終わった後は、足踏みや駆け足などをします。筋トレはつらくて苦手という人もいますが、たったの30秒なので頑張れるはずです。

30秒で切り替える理由は、疲労物質の乳酸が筋肉にたまる前にやめるためです。筋肉が疲労を感じると、筋トレをやってもつらいですし、脂肪の燃焼も悪くなるので効果が薄れます。乳酸が貯まる前に、有酸素運動を取り込むことでたまった乳酸を燃焼してくれる役割を果たすのです。

サーキットを行うのは、脂肪を燃やしやすい空腹時か、成長ホルモンが分泌される寝る前がよいでしょう。ダイエットは継続してこそ、成功につながるので、毎日3分でよいダイエット方法であれば挫折せずに頑張れます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ