ジンギスカンダイエットでエネルギー産出機能が高いカルニチンを補給

ジンギスカンはおいしいだけではなくて、ダイエットにも効果的と言われており、ジンギスカンダイエットが流行しています。ジンギスカンは羊の肉で、ラム肉とも呼ばれています。羊肉にはカルニチンが多く含まれており、その量は豚肉の2倍もあります。

カルニチンはエネルギーを産出する機能をアップさせる働きがあり、細胞レベルでエネルギーを燃焼させることができます。細胞内でエネルギーを作るミトコンドリアに脂肪を届けるために必要とされているので、エネルギー燃焼には欠かせない成分です。

カルニチンがあれば脂肪や糖分などを効率よく燃焼させることができるので、食べ過ぎても体脂肪を効率よく減らすことが可能です。

カルニチンは美しいプロポーションを維持するためには必要不可欠な成分と言われており、ダイエットに非常に効果的です。水溶性のため、何回かに分けて摂取することが望ましいとされています。

特に有酸素運動前に摂取することで、脂肪を燃焼しやすい体質になれるのです。カルニチンはダイエットに効果があるだけでなく、不妊に対しても有効であると言われているので、サプリメントなどに配合されることが多いです。

またジンギスカンはコレステロールが低く、不飽和脂肪酸も多く含まれているのでコレステロール値を下げる効果もあります。鉄分やビタミンB群も豊富に含まれているので、栄養不足になるダイエット中にはぴったりの低カロリーのタンパク源になるでしょう。ラム肉はレシピも豊富で食べごたえがあるので、空腹感を感じることなく食事コントロールができそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ