焼酎ダイエットでアルコールをやめずに体重をコントロールする

ビールや日本酒はたくさん飲むと太ってしまうことが知られていますが、実は焼酎を飲みながら体重コントロールができる焼酎ダイエットというものがあります。焼酎にはウロキナーゼという酵素が多く含まれています。このウロキナーゼはドロドロになった血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

血液がサラサラになると、全身に血液が流れやすくなります。そのため脳が活発に働くようになり、新陳代謝が上がり、肌のターンオーバーも早くなります。年を取ると血液はサラサラな状態からドロドロになっていくので、老化が進むのですが、焼酎を飲むことによってアンチエイジング対策も可能になります。

お酒はどれもカロリーが高く、ダイエットには不向きというイメージが強いのですが、焼酎は他のアルコール類に比べるとカロリーは低めです。ビール、日本酒、ワインは醸造酒と呼ばれるお酒の分類で糖分がたくさん含まれています。そのためカロリーも高く、ビール1杯でご飯1杯分と同等のカロリーがあります。

焼酎は蒸留酒と呼ばれるお酒なので、糖分を含んでいません。そのためカロリーを抑えることができているのです。
お酒を飲むと体温が上がり、代謝が活性化されるのですぐに消費されやすくなり、体内に蓄積されることはあまりありません。

お酒好きの人はダイエット中に禁酒をするのは非常につらいこと。途中で挫折してしまう人も少なくありません。ビールやワインなどの高カロリーのアルコールをやめ、焼酎にシフトすることで、お酒を辞めずにダイエットを成功させることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ