ゴーヤ茶ダイエットにはどのような効果があるのか

ゴーヤ茶ダイエットのゴーヤとは、正式名称をニガウリといい、沖縄や九州で栽培されている野菜のことです。近年は全国でも人気がありますが、苦みの強い野菜です。ニガウリはビタミンCが豊富に含まれていて、夏バテ防止の効果がある他、美肌や免疫力強化などの効能があると言われています。

ニガウリが苦いのは、モモルデシチン、チャランチンという2つの成分によるものですが、これらはインシュリンと同じような働きをすると言われていて、血糖値や中性脂肪、コレステロールを下げる効果があります。ですから、ゴーヤ茶には高いダイエット効果が期待できます。

また、熟した赤い種には、共役リノール酸が豊富に含まれていて、脂肪を分解して、燃焼しやすくする効果があり、ダイエット効果を高めています。さらに、共役リノール酸は分解された脂肪が中性脂肪になることを防ぎ、エネルギーとして使われるように働きます。

ニガウリを食べるだけではこの効果は得られませんが、お茶にすることで種の栄養も摂取できるので、ニガウリを食べるよりもお茶の方が痩せる効果が高いと言えます。
ニガウリのお茶は市販の物もありますが、旬の夏は安く手に入りますので、手作りをすることもできます。

種まで使用するようにすれば、市販のものと栄養価は変わりませんので、機会があれば作ってみてください。お茶は喉が渇いた時など、いつ飲んでも構いません。ただし、ただお茶を飲むだけではなく、運動をすることが大切です。激しい運動ではなく、軽い運動で構わないので、毎日続けることができる運動を行ってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ