玄米食ダイエットで痩せられる理由と健康に良い理由

玄米食ダイエットは、玄米を白米の代わりに食べるという簡単なダイエット法です。これは白米を精製する前のお米のことで、茶色をしていますが、これには豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素が含まれています。

特に酵素はとても豊富で、これにより食べた物がきちんと代謝されて、体に蓄積することがなくなります。さらに食物繊維も豊富なので、便通がよくなり、余分な物は便として排出されます。ですから、健康を保つことはもちろん、肌もきれいになります。

また、白米ではなく精製する前のこのお米を食べると、インシュリンの分泌が抑えられるため、ダイエットにとても効果的です。インシュリンは、食べ物を食べた時に分泌されるもので、食べ物を脂肪に変える物質です。

インシュリンが多く分泌されると、それだけ脂肪が多く蓄積されることになるので、痩せるにはインシュリンがなるべく分泌しないようにすることが有効なのです。ですから、白米の代わりにこのお米を食べることによって、自然と体重を落とすことができるのです。

しかし、このお米に含まれるフィチン酸という成分は、体内の鉄分や銅、亜鉛を排出してしまう働きをしてしまうため、貧血の人が食べると、さらに貧血が悪化してしまいます。

貧血の人や食べて貧血の症状が現われてしまった人は、発芽玄米の方を試してみてください。こちらの方だとフィチン酸はあまり含まれていませんし、基礎代謝を高める効果が高いので、有効に体重を落とすことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ