桑の葉茶ダイエットの優れた成分と効能について

桑の葉茶ダイエットの桑の葉は、蚕の餌で知られていますが、古来より薬としても珍重されてきた植物です。カルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、フラボノイド、食物繊維などを含んでいて、健康とダイエットに効果があるとされ、現在大変注目されています。

また、DNJと呼ばれる1-デオキシノジリマイシンという成分が含まれていることが近年の研究で分かっています。これは、小腸で糖分を分解する働きをするα-グルコシダーゼと結び付いて、体が糖分を吸収するのを阻害し、インシュリンの分泌を抑制する働きがあるとされています。そのため、大きなダイエット効果が期待できます。

また、利尿作用をはじめ、血圧を下げる、コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、腸内環境を整えるなどの効果があり、健康を保つのにも大変役立ちます。特に血糖値を安定させる効果は高く評価されていて、糖尿病の改善に効果があるとされて期待されています。メタボリックシンドロームを改善したい人にもおすすめです。

これをお茶として飲む場合は、食前か食間がおすすめです。健康食品なので1日に何杯飲んでも構いませんが、飲み過ぎると下痢をすることがありますので注意して下さい。

毎日飲むことで体を健康に保つことができ、太り難い体質に改善することができます。1日1杯のお茶でも効果が期待できるそうなので、続けて飲むようにして下さい。また、お茶で飲むことが面倒な人にはサプリメントがおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ