黒にんにくダイエットの体に良い効果について

黒にんにくダイエットは、2ヵ月間熟成させて作られた黒いニンニクを用いて実施するダイエット方法です。ニンニクは熟成すると黒くなりますが、それによってポリフェノールが普通のニンニクの17倍にも増えます。ポリフェノールは抗酸化作用が強い成分で、体を酸化から守り、老化やガンなどの病気から体を守る働きがあります。

また、ニンニクにはアリシンという成分が含まれていて、その成分には疲労回復や抗菌作用が強いことで知られています。昔からニンニクを食べると元気になると言われているのは、このアリシンの効果だったのです。

1日に1片を食べたら、風邪を引かないと言われていて、健康のために食べている人は多いようです。
それだけではなく、ニンニクには豊富なアミノ酸が含まれていて、脂肪を燃焼させ、新陳代謝を促します。

黒にんにくには特に豊富なアミノ酸が含まれていますので、大きなダイエット効果が期待できます。生姜やトウガラシなどの食材と組み合わせると、さらに脂肪が燃えやすくなりますのでおすすめです。黒にんにくの特徴は、独特なあの匂いがしないということです。熟成することによって、匂いの元になる成分が働かなくなるのだそうです。

ですから、朝から匂いを気にせずに食べることができます。体重を落としたい場合は、ニンニクを食べるだけではなく、定期的に運動をすることでその効果が発揮されます。軽い運動でも構いませんので、できるだけ毎日行うようにして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ