黒玉ねぎダイエットは減量できるだけではなく健康になれる

タマネギは、切ったりすると涙が出てきますが、これはイソアリインという成分のせいで、この成分には血液をサラサラにして、詰まり難くする血栓予防効果があります。さらにこの野菜には血圧や血糖値、コレステロールを下げる働きもあり、1日に1/2個を食べると、血管系の病気にならないと言われています。

黒玉ねぎダイエットは、タマネギを黒酢に漬け込んで、それを食べるダイエット法です。
一方、黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれていて、新陳代謝を高め、糖分や脂分を吸収するのを抑制する働きがあります。また、黒酢にはクエン酸が含まれていますので、エネルギーの代謝を高める働きもあります。

このような効果がある黒酢にタマネギを漬け込むことで、タマネギの効果と黒酢の効果を同時に摂ることが可能になり、中性脂肪、血糖値、コレステロール値、血圧を正常に保ち、さらに免疫力の強化、肝機能改善などの効果も期待できます。

この黒玉ねぎを食事の前に食べるようにして、脂肪分や糖分が多い食事を控えることによって、体重は徐々に減ってきます。軽い運動も行って、2ヵ月で10kg落とした人もいるそうです。タマネギは食べ過ぎて害があるものではありませんので、積極的に食べるようにして下さい。

黒玉ねぎは食べるだけではなくお酢も一緒に飲むようにすると、さらに効果が高まります。お酢が苦手な人は料理に使ったり、ジュースやはちみつと合わせると飲みやすくなります。あと、いくらタマネギを食べても運動は欠かせません。ウォーキング程度の運動で構わないので、毎日運動は実践してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ