クミスクチン茶ダイエットの効果と様々な効能

クミスクチン茶は、ジャワティーとも呼ばれているお茶で、日本では「ネコノヒゲ」という名前で呼ばれています。白い花からおしべが猫のひげのように飛び出しているので、この名前が付けられたと言われています。

ジャワティーと聞くと、日本でももうお馴染ですが、ヨーロッパでは随分昔から薬として使われていて、東南アジアの方では腎臓の薬として珍重されてきたそうです。

また、このお茶はカリウムをたくさん含んでいて、利尿作用が顕著であることが注目されるようになりました。利尿作用が高いと、体内の余分な水分を排出できるので、むくみを改善する他、腎臓の働きを活発化させるので、腎臓炎に効果があるとされています。

それと、クミスクチン茶にはロズマリン酸という成分を多く含んでいることでよく知られていますが、ロズマリン酸には糖分や脂分の吸収を抑制する働きがあり、これがダイエット効果を生みます。

クミスクチン茶ダイエットは、甘い物を食べる前や一緒に、このお茶を飲むことにより、体が糖分を吸収するのを抑制すると言われています。定期的にこのお茶を飲むことによって、より一層の効果が生まれます。また、健康にもとても良いと言われていて、腎臓炎の他に糖尿病や尿道結石、口臭予防などの効果も期待できます。

また美肌効果も高く、肌のてかりを抑える効果があるとされています。クミスクチン茶ダイエットは、薬ではないので、好きな時に好きな量を飲めば大丈夫です。喉が渇いた時や、食事の時などにお茶や水の代わりに飲むようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ