下腹やせダイエットで産後の下半身太りを解消してしまおう

ダイエットをしているのに、どうしても痩せてくれないのが下半身です。女性の場合には、おしりまわりの肉は落ちなかったり、男性の場合にはお腹まわりだけがぽっこりしてしまうことがあります。下腹やせダイエットを行いたいのであれば、お腹に力を入れる意識を付けるようにしましょう。

だらっとしてしまったお腹まわりや、おしりに力をいれて生活するようにします。普段であれば、電車やバスを利用する機会が多い場合には、椅子に座らずに立っているようにしてください。この時にも、姿勢を正してお腹に力を入れておきましょう。下腹やせダイエットは、意識をするだけで身体が引き締まってくれるものです。

キッチンで料理を作っている間でも、行うことが出来ますし、テレビを見ているときでもダラダラと横になって見るのではなく、姿勢を意識して座るようにします。
このような意識を保っていくと、骨盤のゆがみがだんだんと治ってきます。

女性の場合には、出産後から下半身太りしてしまったケースが多くあります。
赤ちゃんを支えていてくれた骨盤は開ききってしまっているので、その中に内臓が落ちてしまっている状態にあるのです。

出産後は安静にしていなければなりませんから、どうしても骨盤のずれを治したいのであれば、医者からの許可をもらってからにしましょう。女性の身体はとてもデリケートなものなので、下腹やせダイエットで、無理をして身体を壊してしまわないように注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ