お腹の贅肉をとる方法で運動不足を解消して若い頃の身体に戻る

気が付いたらぽっこりお腹になっていたり、洋服で隠して身体のケアは後回し、などというようなことはないでしょうか。年齢と共に下腹部には贅肉が付いてしまいます。ホルモンバランスの崩れが原因の場合や、単に不摂生がたたってということもあるものです。お腹の贅肉をとる方法は、日常生活の中で実践することが可能です。

お腹の贅肉をとる方法を実践して、スリムな身体を取り戻せるようにしましょう。お腹の贅肉をとる方法の具体的な運動は、ジョギングと腹筋になります。運動が苦手だという人は早歩きから始めてみます。慣れてくると軽めのジョギングが出来るようになってくるので、1日に約20分を目安に走り、腹筋は30回を1セットとして続けるようにします。

有酸素運動は少し息切れがするくらいが良いので、クラクラするほど走り込む必要はありません。出来る範囲から身体を動かしていき、習慣化させていきましょう。有酸素運動が出来ると、自然と脂肪の燃焼が始まっていくことになります。

次に見直したいのが食事です。脂っぽいものやスナック菓子は避け、野菜を中心としたメニューに変えてしまいます。炭水化物を多く摂取してしまうと、太る原因になってしまうので、メインの食材は野菜というように計画を立てるようにしてください。

外食が多い場合には定食を頼み、その中のサラダから食べ、ご飯は最後に回すようにします。食べる順番を変えるだけでも効果はあるので、日頃の食事の中でも順番を変えてみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ