ぽっこりお腹をへこます方法は正しい呼吸法から始まる

太ってしまうと、つい口呼吸が多くなってしまいがちですが、ぽっこりお腹をへこます方法は呼吸法にコツがあります。大きく息を吐いて、腹筋を意識してみましょう。どのようなダイエットをしても効果が出ない、食事制限をしても痩せないという人は、呼吸の仕方が間違っている可能性があります。

椅子に座り姿勢を正し、両手を肩の位置に平行になるように伸ばします。大きく息を吸って、この状態でお腹がぺちゃんこになるまで息を吐き続けます。吐きながら左右に身体をスライドさせると効果がアップしますので、基本になる呼吸法に動きを付けていきましょう。

ぽっこりお腹をへこます方法のコツが掴めるようになってくると、普段から呼吸を気にするようになれます。
腹筋が付いていないと、内臓を支えることが出来ずにぽっこりお腹になってしまうので、インナーマッスルを鍛えることに意味があるのです。

激しい運動が苦手な場合には、ヨガのようにゆったりとした動きで筋肉を付けることも出来ます。ホットヨガなどは汗をかきながらダイエットをしていけるので、近くに教室などがある場合には参加してみるのも良いでしょう。

ぽっこりお腹がすっきりしてくると見た目も変わってきますし、姿勢も良くなり、シャキッとしたイメージに変われます。食べないで痩せるのは健康に良くありません。あまり過激なダイエットをしてしまうと病気になる恐れもあるので、いかに健康的に痩せられるかを考えるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ