劇団ひとりの左手食事ダイエットでゆっくり食事をする

劇団ひとりは、禁煙をした後に太ってしまい、ダイエットを始めました。最初は、脂肪を避けるように、気を付けて食事をしていたのですが、炭水化物を沢山食べてしまう事が多くなり、ダイエットは成功しなかったので、どうにかして痩せることは出来ないかと考えた結果、劇団ひとりの左手食事ダイエットを思いついたそうです。

元々早食いの癖もあり、食事に掛ける時間は10分程度だったそうで、食べ物を咀嚼をしないまま、飲み込んでいたのも太ってしまった原因になるのでしょう。劇団ひとりの左手食事ダイエットでは、いかに食事の時間を伸ばすかにポイントが置かれています。

利き手で食事をすると、どうしても早く食べてしまう事になるので、利き手ではない左手で箸を使い、食べるようにします。
ご飯を食べるときにも、箸でつまんで食べるようにし、茶碗に口を付けてかき込むのではなく、ゆっくりとご飯を食べるようにします。

慣れてくると、少しの量でも満腹感を得られるようになるでしょう。もちろん、おかずも箸を使って食べるようにしてください。良く噛むということも、忘れないことが肝心で、噛む癖がついてくると脳が刺激され、満腹だとサインを出してくれます。

食材を選ぶときにも、柔らかいものだけを食べるのではなく、歯ごたえのあるものを選ぶことで、噛むことを自然と意識出来ます。量が減ってくれば、カロリーを抑えることが出来、過食で太ってしまったということもなくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット方法

このページの先頭へ